いまさら聞けないDefi(ディーファイ)とは?Web3.0との違いもしっかり解説!

いまさら聞けないDefi(ディーファイ)とは?Web3.0との違いもしっかり解説!

DeFi(ディーファイ)とは?

DeFiの基礎解説

DeFiとはDecentralized Financeの略で、分散型金融と呼ばれています。DeFiは、中央集権的な金融機関を介さずに、ブロックチェーン技術を利用して取引や金融サービスを行うことを指します。

いきなり難しい単語が並びましたが安心してください。1つずつ解説していきますね。

中央集権型とは

中央集権型は、権利が一箇所に集中している組織のことを言います。

例えば、お金の流れはすべて銀行が管理しています。お金を友達に送るのにも、お店に入金するのにも必ず、銀行を通して行います。

つまり、銀行がすべてのお金のやり取りを管理している状態ですね。これが中央集権です。他にもワンマン社長の会社や、独裁国家なども中央集権の良い例です。

分散型とは?

分散型とは、中央集権の逆のことで、一箇所に権力が集中していない組織のことを言います。

ベンチャー企業や小さい会社では、全員に責任が分散されていますよね。

ブロックチェーン技術とは?

ブロックチェーン技術は、デジタルデータを安全かつ透明に管理するための革新的な技術です。従来の中央集権型のデータ管理システムとは異なり、ブロックチェーンは分散型のデータベースであり、複数のコンピューターで情報を共有・管理します。

ブロックチェーンの最も特徴的な要素は、ブロックと呼ばれるデータの集まりです。これらのブロックは、過去のトランザクションや情報を記録し、時間の経過とともに連鎖的に追加されていきます。この連鎖が、ブロックチェーンと呼ばれる仕組みです。

DeFiの特徴

分散型金融(DeFi)は、分散型システムを活用した金融サービスのことを指します。DeFiでは、ブロックチェーン技術を利用して、契約や決済などの金融取引を行います。このようなシステムでは、中央機関(銀行)による管理が不要となり、より透明性やセキュリティが高まるとされています。

DeFiのメリットとデメリットとは?

DeFiのメリットとしては、まず、透明性が挙げられます。ブロックチェーンは、取引や契約の履歴を記録するため、情報が改ざんされることがありません。そのため、不正行為や詐欺を防ぐことができます。

また、DeFiは、誰でも参加できるという点でもメリットがあります。従来の金融システムでは、口座を持っていない人や信用がない人は金融サービスを受けることが難しかったですが、DeFiでは、インターネットに接続できる環境さえあれば、誰でも利用することができます。

一方、デメリットとしては、セキュリティのリスクが挙げられます。ブロックチェーンは、ハッキングや不正アクセスのリスクがあります。また、ブロックチェーン上での取引は不可逆的なため、誤った取引が行われた場合、取り返しがつかないこともあります。

さらに、価格の変動リスクもあります。DeFiでは、仮想通貨を利用することが一般的ですが、仮想通貨の価格は大きく変動することがあります。そのため、投資家は価格の変動に注意する必要があります。

DeFiは、金融の分野に革新をもたらす可能性がありますが、その一方でセキュリティや価格の変動などのリスクも存在します。投資や取引を行う際には、注意が必要です。

DeFiとWeb3.0の違いは?

DeFiとWeb3.0は、両方とも分散型の金融システムを指していますが、それぞれに違いがあります。

改めて説明すると、DeFiは「分散型金融(Decentralized Finance)」の略称であり、中央集権的な機関や第三者を介さずに金融取引が行われるシステムを指します。これにより、取引の透明性やセキュリティが向上し、より包括的な金融サービスが提供されることが期待されています。具体的な例としては、仮想通貨を利用した借り入れや貸出、取引所やマーケットプレイスの運営などがあります。

一方、Web3.0は、インターネットの進化の次の段階を指し、より分散化されたインターネットの形態を目指しています。Web3.0では、ユーザーが自分自身のデータを所有し、プラットフォームや企業に依存せずに自由に活動できる環境を提供します。これにより、プライバシーの保護やデータのセキュリティが向上し、ユーザー中心のオンライン体験が実現されることが期待されています。

つまり、DeFiは金融取引の分散化を目指す一方、Web3.0はより分散化されたインターネットの実現を目指しています。両者は異なる概念ですが、共通点としては、中央集権的な機関や第三者を排除し、より自由で透明性の高いシステムを実現することを目指している点が挙げられます。

>AI×ステーキング DefiLabs

AI×ステーキング DefiLabs

DefiLabsは、AIを活用したステーキングサービスを提供しており、年間最大186.7%の利益を実現します。

このサービスは、ポートフォリオ管理などをAIが自動で行い、高金利を実現。初心者でも簡単に始められ、最低ステーキング額は100USDTから。また、DefiLabsではUSDTというアメリカドルと価値が同等になるトークンで収益を獲得できるため、トークン価値暴落のリスクはありません。